読書は知識を得るという点でも有効

読書は知識を得るという点でも有効 趣味が読書というと地味な感じがするかもしれませんが、本を読むことというのは昔からある伝統的な立派な趣味の一つです。確かに、情報を得るという観点では、インターネットを通じて検索をしたり、インターネットの動画やテレビを見ることによってかなり効率的に集められるようになりました。

しかし、そういった情報の集め方は、かなり受動的なもので、自分の頭で考えながら情報を頭に格納するというプロセスが欠如しているため、薄っぺらい単なる知識にしかなっていない場合も多いです。会話をする場合に、ネットで得た単なる知識を話す人は、その人まで薄っぺらく感じてしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。

その点、読書は知識を得るという観点でも優秀です。文字を能動的に読むということは、その文字から自分なりのイメージを作り上げて、自分の知りたい角度から見つめ直し、そして得たものを頭に記憶させるというプロセスをたどります。その過程で自分の脳は大いに働かされるのです。つまり、自分の頭で考えたこととかなり近い状態になるのです。ですから、知識を得るという観点でも読書というのは有効だといえます。加えて、本を選ぶ段階からかなり頭を使いますので、脳に知識を印象付けるという点からも読書は役に立ちます。

Copyright (C)2015読書は知識を得るという点でも有効.All rights reserved.